演奏会情報

過去の演奏会:第3回打楽器コンサート

2017年9月17日、横浜市南公会堂にて第3回打楽器コンサートを開催いたしました!


台風の接近により開催が危ぶまれましたが、175名ものお客様にご来場をいただきました、誠にありがとうございました。


第1部アンサンブルステージでは、天空をイメージした《Celestial Anthology ~Cepheus~》に始まり、ポップスの要素も盛り込んだ太鼓系四重奏の《uzu》、鍵盤と太鼓の対比をするようなマリンバ三重奏の《Home by Sundown》と太鼓系二重奏《Boom》を二曲続け、アンサンブルの中でも大編成となる《ジャンヌ・ダルク~8つの打楽器群のための》を演奏しました。


第2部ポップスステージでは、開演と同時にビブラフォンのソロから始まった《星に願いを》、続けて次のメンバーが客席後方からスティックパフォーマンスとともに入場し《Stool Pigeon》を演奏し、そして《スタジオジブリメドレー》を演奏しました。


 第3部では、ホール全体を使い星空を演出した《きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265》、今回のメインである《《カルメン》組曲 第1番・第2番より》を演奏し、第1回より恒例となりつつある《ラデツキー行進曲》を会場の皆さまの手拍子とともに演奏し、あたたかい雰囲気の中、コンサートは終演しました。

過去の演奏会:第2回打楽器コンサート

2016年9月18日、横浜市瀬谷公会堂にて第2回打楽器コンサートを開催いたしました!

192名ものお客様にご来場をいただきました、誠にありがとうございました。

 

第1部アンサンブルステージは、鍵盤打楽器のみのアンサンブル、無音程楽器によるアンサンブル、ボディパーカッションなど、打楽器音楽の多彩な音楽観を表現するプログラムとなっておりました。また、ドレミパイプというカラフルな楽器を用いた、演出つきの変わったアンサンブルも、OBOGメンバーにより演奏されました。

 

さらに今回はなんと、第1部で演奏した《神々のかけら》、《Countdown》の作曲者である嶋崎雄斗先生が会場に聴きにいらっしゃいました。楽曲についての貴重なお話もいただくことができました!

 

第2部は、はじめにPOPSステージとして、Cupsアンサンブルを演奏しました。Cupsとはその名の通り、コップを使ったアンサンブルです。カフェ・バーをイメージしたステージで、見た目にも楽しい演奏となりました。

そしてプログラムの最後に、今回のメインである道化師組曲を演奏しました。初めて取り組んだクラッシックの大きな作品、表情豊かな曲想を最大限に打楽器で、様々な音色で表現しました。

 

アンコールとして、第1回より恒例(?)となっている《ラデツキー行進曲》を、会場の皆さまとともに演奏し、あたたかい雰囲気の中、コンサートは終演しました。

過去の演奏会:第1回打楽器コンサート

2015年9月20日、横浜市都筑公会堂にて第1回打楽器コンサートを開催いたしました!

初回ながら172名のお客様にご来場をいただきました、誠にありがとうございました。

 

第1部アンサンブルステージでは、マリンバ連弾、膜鳴楽器(無音程)アンサンブル、ボディパーカッション、など様々な打楽器音楽の世界、後半には野本洋介氏《MIRA》《金色の空》、山澤洋之氏《青雷》などの邦人打楽器アンサンブル作品を取りあげました。

鍵盤楽器のあたたかな音色や太鼓系楽器の迫力とリズム、空をテーマにした2つの野本作品きらびやかな音色、《青雷》で中心に配置された和太鼓のその迫力ある音、6曲で様々な打楽器の魅力を表現しました。

 

第2部では、ポップスと音声劇を組み合わせたストーリー仕立てのステージをお送りしました。

ギターやベース、ドラムにピアノなどの楽器も含めたにぎやかで楽しい曲を、打楽器らしいリズミカルな表情で演奏しました。

アンコールの《ラデツキー行進曲》では、会場のお客様にも手拍子で演奏に参加していただきました。

体もすべて打楽器、会場が打楽器演奏で一つになった、あたたかい雰囲気で終演を迎えました。